マウスピース矯正で歯並びを治したい!

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、ご自身で取り外しのできる透明なマウスピースをはめることで少しずつ歯の位置を動かし、歯並びを整える矯正治療です。推奨されている装着時間は、1日15時間以上です。

歯を削らずに、特に前歯の歯並びをきれいにしたいという方に適しています。ワイヤー矯正のように目立ちにくい矯正治療で、見た目のコンプレックスはほとんどありません。

食事や歯磨きの際は取り外すことが出来るので、歯と装置の間に食べ物がはさまるというわずらわしさもなく、「矯正治療中にむし歯になってしまった」というリスクも抑えることが出来ます。

基本的には前歯の歯並びを治すものですので、奥歯の歯列不正や抜歯をしないと治せないケース、顎位の修正などは適応外となります。

動画で分かるマウスピース矯正

マウスピース矯正の治療の流れ

まずは型取りを行い、模型をつくります。その模型上で前歯を1本1本分割し、現状から0.7ミリ以内の範囲(1回に動かせる量)で整え直し、模型に戻します。

整った模型でマウスピースを作製し、患者様にお渡しします。お渡しした当日から使っていただき、2週間後以降にご来院いただきます。

ご使用状況を確認後、特に問題がないようでしたら次のマウスピースを作るための型取りを行います。型取りとマウスピースのお渡しを1ステッップとし、歯並びが整うまでこのステップを繰り返します。

個人差はありますが12~15ステップ程で整うケースが多く、整った後は仕上げとして、キープするための保定期間に入ります。少しずつ装着時間を短くしていき、位置を固定させればマウスピース矯正の治療は完了です。



すべての審美治療にルミネカードが使えます

例)セラミック矯正前歯2本プラン(税別・仮歯別)
・通常料金:¥216,000
ルミネカード引き落し時:¥205200