歯ぐきの黒いラインをなくしたい!ブラックマージン治療

ブラックマージンとは

金属を使用したクラウン(差し歯)を装着後、歯ぐきの境目が黒く見えてしまう状態をブラックマージンといいます。

土台の金属色素が溶け出して歯ぐきが黒くなってしまっているケースと、歯ぐきと差し歯の間に隙間が空いてしまい金属部分が露出し黒く見えているケースとがあります。

ブラックマージン治療のメリット

  • 歯ぐきの黒ずみがなくなり、健康的な歯ぐきに戻る
  • ご自身の歯となじみやすい自然な色調に仕上げることができる
  • 隙間がなくなることでばい菌が入り込みにくくなり、土台部分の劣化防止・二次的なむし歯になるリスクが減る
  • 金属を除去するので、金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 保険適応外の自費治療のため、費用が高額になる

治療の流れ

1日目

  • 現在の差し歯を取り外す
  • 内側にある金属の土台を除去する
  • ファイバーポストコアを立てて仮歯をセットする

2日目

  • 仮歯の形態調整を行い、最終的なセラミッククラウンをシミュレーションする

3日目

  • セラミッククラウンの型取り
    ※クラウン制作のため、次回は2週間後以降となります

4日目

  • 適合を確認し、セラミッククラウンを装着
  • 噛み合わせを調整して完了

ファイバーポストコアとは ファイバーポストコアとは、グラスファイバーの束でつくられた白い土台のことです。

金属の土台と比較すると、弾性に優れているので歯が長持ちしやすいといわれています。色も天然の歯に近い白さで、セラミッククラウンと組み合わせて審美歯科治療では広く使用されています。

歯の状態によっては使用できないケースもありますが、金属フリーである点や仕上がりが白く自然になる点、歯が割れるリスクが少ない点などからファイバーポストコアを選択した治療を行っています。

強度の高いジルコニアを使用

ジルコニアとは人工ダイヤモンドとしても有名なセラミックの一種で、審美歯科治療において広く使用されている材料です。ジルコニア自体はとても硬い素材ですが、曲げ強度が高く、しなやかで、噛んだ際にかかる力を分散し、吸収してくれる性質があります。

奥歯は食べ物を噛み砕き、すり潰す役割があり、食事の際にはとても力がかかる部位です。強度と白さを兼ね備えたジルコニアインレーで、審美的にも機能的にも満足のいく仕上がりにすることが可能となります。

ブラックマージン治療の料金について

シンプル・オールセラミッククラウン¥108,000/1本
セミデザイン・オールセラミッククラウン¥135,000/1本
フルデザイン・オールセラミッククラウン¥153,000/1本
仮歯・仮歯調整費¥5,000/1本

2本のケース

セミデザイン・オールセラミッククラウン¥135,000×6本=¥270,000
仮歯¥5,000×2本=¥10,000
合計¥280,000

例えば分割5回払いの場合¥54,000/月(無利子)×5回=¥28,000



1月のルミネイベント 事前カウンセリングスタート 1/3~7のルミネ・ザ・バーゲン5日間中にご精算の場合は以下の金額となります。

例)セラミック矯正前歯2本プラン(税別・仮歯別)
・通常料金:¥216,000
期間中料金:¥194,400